[[主なスケジュール]]

*修士学位論文の提出について [#j55a6a69]

    修士論文の提出については,下記のとおりとする。
修士論文の提出については,下記のとおりとする((このデータは古いものです。参考のために情報を残して起きますが、必ず最新の情報を事務に確認すること))。

  提出日時:  平成18年1月31日(火)正午(時間厳守)

  提出場所:    情報文化学部・情報科学研究科教務学生掛

  提出部数:   論  文   1部
        論文要旨   和文及び英文各1部(論文の中表紙の上に挟み込むこと)

-提出日時
--平成18年1月31日(火)正午(時間厳守)
-提出場所
--情報文化学部・情報科学研究科教務学生掛
-提出部数
--論  文   1部
--論文要旨   和文及び英文各1部(論文の中表紙の上に挟み込むこと)
ただし、審査用修士論文及び論文要旨は専攻で指示する日時・方法に従い提出すること。また、英文で論文を書いた者は、和文の論文要旨は不要である。

  提出要領:    次の要領で作成した「論文」及び「論文要旨」を提出すること。
*提出要領 [#a4c2d8fd]
次の要領で作成した「論文」及び「論文要旨」を提出すること。

[論文の形式]
- A4規格の用紙で作成し,論文はファイルに綴じるなど,簡単な製本をすること。
-「表紙・和文論文要旨・英文論文要旨・論文本体」の順に綴じこむこと。
- なお,ファイルの表紙及び中表紙(1枚目)に「論文題目」「学籍番号」「氏名」
-「大学・研究科名」「専攻名」「提出年月」を記入すること。
- ファイルの背表紙に「論文題目」「学籍番号」「氏名」を記入すること。
- http://www.is.nagoya-u.ac.jp の「在学者向け情報」に見本があるので、それをダウンロードして使用すること。
- 論文の枚数は制限しない。
   
[論文要旨の形式]
- A4規格の用紙1枚以内に内容を簡潔にまとめて作成すること。
(和文・英文各1枚,裏は使用しないこと。)
- 先頭に「論文題目」「学籍番号」「氏名」を記入すること。



 

名古屋大学 情報科学研究科 複雑系科学専攻 多自由度システム情報論講座