多自由度コロキウム

第1回 (7月4日)

魚群の中立モデル

第2回 (8月9日)

自由光子場の量子連続測定によるダイナミクスと測定の反作用

量子フィードバック制御理論 ―量子マックスウェルの悪魔から量子Jarzynski等式まで―

第3回 (9月6日)

量子マスター方程式による非平衡定常状態へのアプローチ

番外編(天白ゼミ)(9月7日)

Typicality による平衡統計力学の基礎付け

第4回 (10月10日)

時間軸と空間軸でゆらぎと非局所性を考える:ノイズと遅れを中心にして


 

名古屋大学 情報科学研究科 複雑系科学専攻 多自由度システム情報論講座