谷村省吾の授業の資料  Class Materials  PDF files and Power Point files

令和2年度=2020年度
 すべての科目に共通のレポート用紙(NUCT連携レポート用紙
 (レポートは原則1枚にまとめること。表裏両面に解答を書いてもよい。用紙は、必ずA4サイズの1枚の紙に、正しい向きで、様式どおりに両面印刷すること。ホチキス止めや糊付けは絶対に禁止。学籍番号と氏名は筆圧のある字で明瞭に書いてください。日付は提出日を書いてください。レポート用紙の規定から外れているものは採点しないことがあります。)
 同じものを NUCT紙レポート連携システム(アクセスは学内限定) からもダウンロードできます.
現代数学と力学特論(情報学研究科)
 講義資料はすべて NUSS(名古屋大学のストレージ)で公開してある。
 0) 4月16日 ガイダンスと小テスト
 1) 4月23日 位相とホモトピー
 2) 4月30日 加群とホモロジー
 3) 5月 7日 圏論入門(射・関手・自然変換・始対象・終対象)
 4) 5月14日 圏論入門(モノ射・エピ射・同型射・逆射・直積・双対直積・極限・余極限)
 5) 5月21日 ファイバー束と位相不変量
 6) 5月28日 多様体の基礎、微分形式と外積
 7) 6月4日 微分形式の外積・微分・積分・ストークスの定理
 8) 6月11日 可積分系と非可積分系
物質情報学1(解析力学)(情報学部)
 講義資料はすべて NUSS(名古屋大学のストレージ)で公開してある。
 1) 力学と変分法
 2) 力と仕事とエネルギー

平成31年度=令和1年度=2019年度
物理学基礎Ⅱ(電磁気学)(全学教育,情報学部向け)
 Note 1) 電場と電荷
 Note 2) ベクトル代数と座標系(10月15日出題レポート課題:ノート2 問1, 2, 3, 4)
 Note 3) 数と量
 Note 4) クーロンの法則を用いて電場を求める
 Note 5) 静電場中の荷電粒子の運動(11月19日出題レポート課題:ノート5 問4)
 Note 6) 電束とガウスの法則
 Note 7) 静電場の保存力法則と電位(12月10日出題レポート課題:ノート7 問2, 3)
 Note 8) 電流と導体
 Note 9) コンデンサと誘電体
 Note 10) 磁場に関する3つの法則:ローレンツ力,アンペールの法則,ガウスの法則
 Note 11) ファラデーの法則とマクスウェル方程式
物質情報学6(量子力学)(情報学部)〔物質情報学5 情報文化学部〕
 Note 1) 複素数(10月15日出題レポート課題:ノート1 問3, 4, 5, 6, 8, 9, 12)
 Note 2) ヒルベルト空間(11月12日出題レポート課題:ノート2 問8, 9, 10)
 Note 3) 物理量を表す演算子
 Note 4) 非可換性と干渉効果
 Note 5) 量子力学の運動方程式
複雑システム系演習3(数学演習)(情報学部)〔複雑系科学演習3 情報文化学部〕
 Note 1) 線形代数の基礎(10月3日出題レポート課題:ノート1 問1-11)(10月10日出題レポート課題:ノート1 問12-21)
 Note 2) 行列の標準形(10月17日出題レポート課題:ノート2 問1-4)
 Note 3) 微分方程式(10月24日出題レポート課題:ノート3 問1, 2, 3, 10, 11, 12)
複雑システム系序論2(情報学部)
 エントロピー関係の演習問題
現代数学と力学特論(情報学研究科)
 Excercise 1) 3元集合の位相の分類(提出最終期限 11月28日)
 Excercise 2) 微分形式の計算(提出最終期限 11月28日)

平成30年度:物理学基礎Ⅱ(電磁気学) 全学教育(情報学部向け)
 Note 1) 電場と電荷
 Note 2) ベクトル代数
 Note 3) 数と量
 Note 4) いろいろな座標系
 Note 5) クーロンの法則を用いて電場を求める
 Note 6) 電場中の荷電粒子の運動
 Note 7) 電場のガウスの法則
 Note 8) 静電場の保存力の法則と電位の定義
 Note 9) 導体と電流
 Note 10) コンデンサと誘電体
 Note 11) 磁場の法則
 Note 12) 演習問題
 Note 10 の問3, 4の解答例

平成29年度:物質情報学5(量子力学) 情報文化学部
 Note 1) 複素数
 Note 2) ヒルベルト空間
 Note 3) 演算子
 Note 4) 数量概念と次元解析
 Note 5) 非可換性と干渉効果
 Note 6) 量子力学の運動方程式
 Note 7) 調和振動子
 Note 8) 不確定性関係
 演習問題
平成29年度:複雑系科学特論1 大学院情報学研究科
 量子基礎論
平成29年度:物質情報学1(解析力学) 情報文化学部
 Note 1) 力学と変分法
 Note 2) 力と仕事とエネルギー
 Note 3) ラグランジアンと最小作用の原理
 Note 4) 拘束条件
 Note 5) 対称性と保存則
 Note 6) 保存則の使い方
 Note 7) ルジャンドル変換
 Note 8) ハミルトニアンとポアソン括弧
 試験を受けられなかった人,あるいは,試験の出来が悪かった人のための追加課題

平成28年度:物質情報学5(量子力学) 情報文化学部
 Note 1) 複素数
 Note 2) ヒルベルト空間
 Note 3) 演算子
 Note 4) 数量概念と次元解析
 Note 5) 非可換性と干渉効果
 Note 6) 量子力学の運動方程式
 Note 7) 調和振動子
 Note 8) 不確定性関係
 演習問題
平成28年度:物質情報学1(解析力学) 情報文化学部
 Note 1) 力学と変分法
 Note 2) 力と仕事とエネルギー
 Note 3) ラグランジアンと最小作用の原理
 Note 4) 拘束条件
 Note 5) 対称性と保存則
 Note 6) ルジャンドル変換
 Note 7) ハミルトニアンとポアソン括弧

平成27年度:物質情報学5 (量子力学) 情報文化学部
 Note 1) 複素数
 Note 2) ヒルベルト空間
 Note 3) 物理量を表す演算子
 Note 4) 数量概念と次元解析
 Note 5) 非可換性と干渉効果
 Note 6) 量子力学の運動方程式
 Note 7) 調和振動子
 Note 8) 不確定性関係
平成27年度:物質情報学1(解析力学) 情報文化学部
 Note 1) 微分積分の復習
 Note 2) 解析力学の演習問題集
平成27年度:現代数学と力学特論:大学院科目
 演習問題1 部分集合全体の集合
 演習問題2 像と逆像
 演習問題3 外積代数

平成25年度:物理学基礎Ⅱ(電磁気学) 全学教育
 Note 1) 電場
 Note 2) 物理量と単位,ベクトル代数
 Note 2プラス) 次元解析
 参考) ケプラーの第3法則
 Note 4) クーロンの法則の応用:電場の計算
 Note 5) 電束とガウスの法則 (講義時配布したものから若干更新しました.)
 Note 6) 保存力の法則と電位
 Note 7) 導体と電流
 Note 8) 磁場とマクスウェル方程式

平成24年度:物質情報学2 (物理数学) 情報文化学部
 (講義時に配布したものとほぼ同じ内容ですが,一部,加筆・修正があります.)
 Data) 人口予測モデル
 Note 1) 数理モデルと微分方程式   (5月11日一部修正)
 Note 2) 指数関数・三角関数・双曲線関数
 Note 3) 斉次定数係数線形微分方程式
 Note 4) 非斉次定数係数線形微分方程式
 Note 5) 斉次連立線形微分方程式と行列指数関数と相流
 Note 6) 非斉次連立線形微分方程式
 おまけ) 相流の描き方

谷村のページに戻る